主婦の節約は貯金!1年間で150万円貯まった方法

自分がズボラだから貯金ができないと思っていませんか。または、出来ないのではなく貯金をしようとしていないのかもしれません。今回は、ズボラな人でも貯金ができる方法を紹介していきます。

貯金の基本は無理をしないこと

貯金にてたくさんのお金を貯めた主婦はそれこそたくさんいます。それぞれ色々な方法で貯金をしていますが、1つだけ共通点があります。それは、無理をしないということを徹底しています。なぜ無理をしないのかといいますと、節約や貯金を続けられない人の多くが、そもそも無理めな計画を立てて実行しているからです。食費を急激に減らしたり、外食禁止や交際費なしなどNG項目だらけといった厳しい制約をかけてしまいます。こうなりますと、ストレスが貯まりイライラして結局は節約だったり貯金を止めてしまいます

それに対して貯金で数百万円を貯める人は、無理めな計画は決して立てません。続けることの大切さを知っているからです。無駄遣いを止め、毎月コツコツと小額でも貯金するようにして、可能な範囲の節約を心がけて生活しています。まとまった金額を貯金で貯めたいのなら、毎月決まったお金をコツコツと積み立てるようにしましょう。

無理のないお金の貯め方

ストレスを貯めないように無理をしない形でお金を貯めていきます。継続してコツコツ貯めていけばいずれ何百万円ものお金を貯金することだってできます

500円玉貯金

何度も述べていますが、貯金で大事なことは長く継続させることです。そもそも貯金する習慣がない場合、毎月決まった金額を貯金するのはストレスになるかもしれません。そこでおすすめな方法として500円貯金になります。ど定番の方法なので、今さらと思うかもしれません。ですが、この方法は、500円を入れていくだけなので簡単ですし、何より貯金箱が重くなり溜まっていくのが実感でき楽しさが増していきます。そして、貯金ができているという実感と自信が継続させるためにとても大切になります。

貯金が続かないという人は、まずは500円玉貯金から始めてみましょう。

先取り貯金を必ず

貯金ができない人は、まず先取り貯金をするようにしましょう。それはなんぞやと思うかもしれません。先取り貯金とは、例えば先に3万円貯金すると決めて、給与からその金額を貯金にまわします。つまり給与から貯金額を引いた残額で生活することになります。

なぜこういうことをするかといいますと、貯金が出来ない人が、給与で残ったお金を貯金しようとしても、絶対に貯めることはできません。今月は5千円、先月は2万円と貯金する額が変動していると最終的に止めてしまいます。給与が入ったらまず先に貯金にまわしましょう。そうすることで、貯金にこれだけ回したいから今月はこれだけ節約しなくちゃ!と考えなくてよくなります。気持ちにゆとりが生まれますので、ストレスなくお金を貯めることができます。

先に貯金をすることで、残額で生活できれば自然とお金が貯まっていきます。

クレジットカードの有効活用

クレジットカードは便利でお得なカードになりますので、上手に貯金ができている人はしっかり使い分けています。光熱費や通信費といった固定費をクレジットカードにしますと、毎月の支払いがクレジットカード明細で把握できるようになります。また、カードを使うとポイントが貯まり景品に交換することができますので、クレジットカードを正しく使うことで家計を助けてくれます。

クレジットカードは魔法のカードと思っている人は、カードの使い方を今一度考えてみましょう。例えば、固定費の引き落としだけにして、クレジットカードを財布に入れずに自宅に保管するのもひとつの手段です。そして、クレジットカードが複数枚ある人は、1枚もしくは2枚程度にまとめることで余計な買い物をする必要がなくなりリスクを抑えることができます。1ヶ月の生活費を決めたのなら、その金額でやりくりをするようにしましょう。お財布に入っている金額が全財産になります。使いすぎてお金が足りなくなりすぐ下ろしたり、クレジットカードを使うのは止めましょう。

無駄遣いを極力減らす

貯金をするためには節約が不可欠になります。節約をするためにもまずは、現状の把握です。毎月の支出を家計簿などを使ってきちんと把握しましょう。そうしますと、必ず無駄遣いがありそれが見えてきます。この無駄遣いを減らすことで節約効果も高く実感もわいてくるでしょう。食費や光熱費といった固定費の節約ももちろん大切ですが、無駄遣いを極力減らすことで支出を抑えることができれば感じるストレスも少なくて節約を継続することができます。

まずは、家計簿をつける習慣を身につけて、買い物の際は必ずレシートを受け取り、月に1度でもいいので集計をして1ヶ月の支出を把握するようにしましょう。これができるようになりますと、上記でも述べた先取り貯金の増額ができたり、給与の残り貯めもできるようになります。

節約以外でお金を貯めるなら

貯金するためには、基本的には節約を中心に考えるかと思います。支出を見直すという意味でも節約は大事ですが、節約だけでは限界がでてくることがあります。

もし収入が月22万円あり生活費が月20万円かかっていた場合ですと、貯金できる金額は2万円になります。そしてさらに、毎月5万円くらい貯金したいとなりますと、3万円上乗せして節約しなければいけません。こうなってきますと生活に大きな影響があるはずです。想像できると思いますが、無理な節約はとても大変です。そこで、逆転の発想ではありますが、節約ではなく収入を3万円増やすということです。世帯収入を増やすということは、実はそこまで難しくありません。支出を切り詰めるのがもし、難しいようであれば収入を増やすことも考えてみましょう。パートや派遣で働いて収入を増やすこともできますし、在宅ワークで働く方法だってあります。

不用品を売りにだす

スマホが普及するのに伴い便利なアプリがどんどんでてきています。CMでも見ていると思いますが、メルカリやフリマといったインターネットを使って簡単に不用品を売ることができるようになっています。もしご自宅に眠っている不用品があるのであれば、それを出して売るだけでも収入に繋がってきます。購入したときの価格と同じくらいの金額を得ることはできませんが、捨てたり・眠っているだけのものが少しでもお金になるのであれば、閉まっていたスペースが片付きますし、何より嬉しい気持ちがわいてきますよね。

衝動買いや無駄遣いは減らすべきですが、購入したもので不用品になりそうなものは、極力リサイクルに回すようにしましょう。

仕事を始める

収入を増やすために昔からパートに出るというのは、よく聞く方法ですし実践している人も多いのではないでしょうか。インターネットの発達もあり、最近は在宅ワークが本当に増えています。ジャンルも多岐に渡っており、システム開発やデザイン、ライティング、入力作業、翻訳、企画、動画、声優、リサーチなどまだまだたくさんあります。もちろん、初心者でも始められる仕事が用意されています。選ぶ仕事によっては、ネットやPCといった環境を整える必要がありますが、すぐに始められるものばかりです。

紹介系の仕事ではなく、アフィリエイトなどで稼いでいる主婦の方も多く、本格的に取り組むことで普通のサラリーマン以上の収入を獲得することもあります。

さまざまな事情から外出することができない人には、こういった在宅ワークはおすすめになります。基本的には自由な時間に仕事をすることができますので、収入アップのために始めてみてはいかがでしょうか。

資産運用を始める

資産運用も最近人気になりつつある方法です。小額から始められるようになったおかげで始めるためのハードルが低くなりました。

資産運用といえば、株式投資やFX、不動産投資といったものが人気で運用している人が増えています。人気ということはうまく運用している人がいるということで、この収入だけで生活できる金額を手にすることができます。本やインターネットにて、簡単に調べられますが、実際にこの資産運用で毎月数十万、数百万円もの収入を稼いでいる主婦の人もいます。

資産運用で儲けることができますが、もちろん失敗して損をだすリスクも当然あります。このリスクをしっかりと把握したうえで、資産運用を始めるのか家族と相談するようにしましょう。

ライザップ式お金の資産運用


こちらは、上記で紹介して来た方法とは全く異なる節約方法です。簡単に言うとライザップ式の貯金・節約法です。貯金や節約は、ダイエットと同じでやろうと思ってもなかなか続かないものです。このbookeeというサービスは「一人ひとりに専属コンサルタントがつきお金に関する様々なお悩みを解決」します。

例えばこんな人にはおすすめです。

  • 欲しいのがあったり、節約しているつもりでも、実際はできていない
  • 今の生活環境に慣れてしまって生活レベルを下げれない人
  • 自力で全然貯金できない人
  • ムダ遣いがやめられない人
  • 自分の年齢の平均貯金額より貯金が少ない人

具体的には、一人一人に専属のコンサルタントがついて、習慣化の構築や、保険、住宅、NISAなどを学ぶことができます。将来設計に不安がある方にも強い味方です。

4人に3人が資産運用が成功しています。まずは無料体験コースから参加してみるのがおすすめです。

まとめ

貯金するためには、色々な方法が存在していて取り組まれています。ご自分の性格や環境を考慮しながら、やりやすい方法を見つけて取り組むようにしましょう。上記にもありますように、無理をしないというのが節約や貯金するうえでの前提になります。無理をしなければ、ストレスを感じることなく継続してお金を貯めることができます。私は上記の方法を複合的に取り組んで、1年間で150万円を貯めることができました。余裕のある貯金方法を見つけて実践していきましょう。