主婦節約!食費を1万円に抑える方法

気になる食費1万円台のすごさ

他の家庭と比べてうちの食費は高いのか安いのかと、よそのお宅の食費が気になるかと思います。毎月の食費を1万円にとか3万円にといった節約術は、Webサイトや雑誌に毎回特集が組まれたりするくらい主婦の関心が高く人気の企画です。

このサイトは節約を紹介するサイトなので、ここに来る人はそもそも節約に興味があり日々の出費を会計簿につけているかと思います。ですから、月1万円台におさまる食費はすごいことだと理解しているかと思います。

さすがにこの食費にするにはかなり頑張らないと達成できない数字ですので、今回おすすめする節約術としては、食費を1ヶ月1万円台に抑える方法を紹介します。

家計調査での平均はいくらに

月1万円台に食費を抑えられるのは優秀というのはご理解いただいているかと思いますが、今の食費が例えば4〜5万円かかっている場合は、本当にダメなのでしょうか。こういうときに役に立つのが総務省が調査している家計調査データです。内容としては、2人以上の勤労世帯で年齢別の平均値が発表されています。

総務省家計調査(平成24年)から食費のピックアップ

  • 25~29歳 平均:月47,404円
  • 30~34歳 平均:月54,450円
  • 35~39歳 平均:月62,891円

月に食費が4〜5万くらいかかっていたとしても、この調査結果をみますと4〜5万は妥当ではないでしょうか。うちは他の家庭と比べ多いと嘆くのではなく平均的なんだなと認識していただいて、下げていくことで他よりも頑張ってるんだと思って貰えればよいかと思います。

食費を1万円台にできる人

食費を1万円台に抑えるのはなかなか難しいですが、下記に該当する人は可能性があります。

  • 食材を余らせずに使い切れる
  • お米が主食
  • スーパーなどでお惣菜を買わない
  • 見切り品が抵抗なく使える
  • 閉店間際のおつとめ品が使える
  • 魚をさばける
  • 牛肉を毎日食べない
  • 時間をかけて食材の下ごしらえができる
  • 激安店や業務用スーパーが近くにある
  • 残りものを別の料理にアレンジできる
  • お休みに実家でご飯が食べれる
  • 実家から食材が送られてくる

該当するものが7つ以上あるのなら、可能性ありです。

食費を1万円台にできない人

1万円台が可能な人の反対で、実現することが難しい人の特徴になります。

  • 近所に安く買えるスーパーがない
  • 新しい食材好きでそれしか買わない
  • テパ地下が大好きでお惣菜を買ってしまう
  • 同じ料理をだすと家族が食べてくれない
  • レパートリーが少ない
  • 冷凍や小分けなどして下ごしらえができない
  • 食材を余らせてしまう
  • スイーツや果物を食べる
  • 晩酌は毎日

該当するのが1つでもありますと、実現することは難しくあります。ただ、食事は生きるために必要な行為です。食費を減らすために無理をすればストレスをためてしまうのであれば意味がありません。無理をせずに、ご自分に合った方法にて食費を減らすようにしましょう。

食費1万円台に必要な人気の食材

食費を1万円台に抑えるために便利で必要な食材があります。こういった食材を上手く使いながら、1週間分のまとめ買いをするようにしましょう。食材を何度も買いに行く必要がなくなりますので、無駄な出費を抑えることができます。

どの家にも必ず卵はあるのではないでしょうか。卵は、他の食材に比べて安く購入できますので、欠かすことのできない食材になります。2パック程度購入するようにして、料理に使うのはもちろんですが、ゆで卵や味付け卵、冷凍庫保存して冷凍卵を作ったりして保存することができます。
豆腐
いろいろな用途に使える豆腐は、冷蔵庫にストックしておくと便利な食材になります。冷ややっこや豆腐ハンバーグ、豆腐ナゲット、離乳食など様々な節約レシピに活躍してくれます。使い勝手の良い豆腐ですが、冷蔵で保存する場合に気をつけたいのが賞味期限です。豆腐は傷んできますと粘りがでてきますので注意しましょう。
納豆
納豆は安くて使い勝手がいいので、和食定番の食材になります。安定の食材なので、そのまま食べても美味しいのがうれしい魅力となります。もちろん、ネギやみょうがといった薬味を混ぜたり、豆腐やチャーハンにトッピングにしたりとアレンジとしても沢山あります。あまり知られていませんが冷凍保存も可能になりますので、多めに購入しても大丈夫です。
うどん
うどんを大量にストックしているご家庭も多いのではないでしょうか。乾麺でも冷凍であっても茹でるだけ出来るから簡単で重宝します。また、うどんは、朝食や昼食、夕食、夜食と食べるタイミングを選びません。ぶっかけうどんや冷うどん、焼きうどんとバリエーション豊富に使え、乾麺冷凍それぞれ長期保存することができます。
お肉
豚肉や鳥肉、牛肉といったお肉は、多めに購入して100gずつ小分けにして保存をしましょう。保存方法としては、小分けにしたお肉をラップで包んで、保存袋へ入れて密閉して冷凍庫に入れましょう。密閉する際に空気が入ってしまいますと、お肉に菌が繁殖しやすくなりますので注意が必要です。100gずつに小分けすると計算しやすいですが、家族の人数であったり、使いやすい量はそれぞれだと思いますので調整して保存するようにしましょう。
お魚
お魚を冷蔵保存するなら、1~2日程度しか日持ちしませんので、長期保存するならお肉同様に、ラップで包んで保存袋に入れて、冷凍庫に保存するようにしましょう。もちろん切り身をそのまま保存するのもいいですが、味噌や塩麹といったものに漬け込んで保存ることで解凍したあとの料理が楽になります。煮魚にする場合は、冷凍した魚を解凍せずにそのまま煮汁で加熱すれば煮崩れしにくいです。
野菜
野菜を冷凍保存する場合は、加熱時間を短めにするのがポイントです。少し硬くしておくことで、料理したときに茹ですぎを防ぐことができます。加熱したら、水分をしっかり拭き取ってからラップで包んで保存袋に入れて冷凍するようにしましょう。きのこに関しては、加熱をせずにそのまま冷凍保存をするようにしましょう。ただし、キャベツやレタス、もやし、きゅうりといった水分が多い野菜の場合は、解凍したあとの食感が悪いので冷凍保存はおすすめできません。

食費1万円台のために買わないほうがいいもの

食費1万円台にするために買わないほうがいいものがあります。

フルーツ
フルーツが欲しくなると思いますが、購入すると高いことや日持ちしにくいこともあり1万円台を実現させるなら購入することはあまりおすすめできません。
パン
食パンを安く買うことができれば、1食あたりを安く抑えることができますが、調理パンや菓子パンはひとつひとつの単価が上がってきますのでおすすめできません。
お菓子、ジュース、お酒
節約するためには、ペットボトルや紙パックのジュース、お菓子といった費用を削る必要があります。どうしても欲しい場合には、買うのではなくご自宅で作ったものを外に持っていくことに切り替えていきましょう。お茶を水筒に入れて持ち歩いたり、ホットケーキやクッキー・パンなどを手作りするようにしましょう。

節約レシピ

もやしアレンジ


美味しく笑顔になれる幸せレシピ


野菜を生のまま冷凍


買った物を冷凍保存していきます


まとめ

いかがでしょうか?食費を1万円台に節約するにはいろいろとやることはありますが、基本的なところとして、必要なものを必要な分だけ使うということです。使う分のお肉やお魚、野菜などをしっかり把握して、すぐに使わない食材は小分けにしてラップで包み冷凍保存をするようにしましょう。保存する際には、加熱や保存の日付を書いておくようにしましょう。これがないと、いつ作ったのか分からなりますし、料理するときや食べるときに不安にならずにすみますので安心ですよね。冷凍保存したものですが、霜が付く前に使い切るのがポイントになりますので覚えておくと便利です。

節約と同様に食べることもとても大切なことです。上記でも述べていますが、節約のために無理をして食事を疎かにすることはおすすめできません。無理のない範囲で食費の節約をするようにして、どうしても削るのなら食費ではなく他で費用を節約していくようにしましょう。