ガス節約!料金が一番安い会社を徹底比較

ガス会社の見直しで、毎月の支出を減らすことができるので節約に繋がります。そこで気になってくるのが、どこの会社がよくてしかもどれくらい安くなるのかだと思います。

今回は、そんなガス会社を比較したうえで、どれくらい安くなるのかを紹介していきます。ご家庭のガス料金を節約するきっかけとなりますので、参考にしてみてください。

都市ガスで比較

都市ガスの場合、2017年4月から始まった都市ガス自由化によって、様々な企業が参入しました。東京ガスや大阪ガスといった従来のガス会社よりも安いプランを提供するところが出てきています。

ですので、契約しているガス会社とガス使用量や使い方を比べてみて、ご家庭に合ったガス会社を選ぶようにしましょう。そうすることで、ガス代を節約することができます。

今回は、東京エリアで比較してみました。

東京エリア

このエリアのご家庭のほとんどが、東京ガスと契約しています。東京ガス以外の候補として、下記のガス会社が対象となります。

企業 31㎥程度(年間、2人暮らし目安)
河原実業 56,834円
エネックス 57,081円
エフビットコミュニケーションズ 57,081円
レモンガス 57,531円
日本瓦斯(ニチガス) 58,121円
HTBエナジー 58,286円
東京電力 58,286円
東京ガス 60,087円
昭島ガス 79,348円

東京エリアでいいますと、東京ガスから例えば河原実業に切り替えますと、年間で約3,253円が安くなってきます。月額でいいますと271円の節約となります。

プロパンガスで比較

プロパンガスを取り扱っている会社は、全国に数多あります。そのため、料金の差も大きく高いところもあれば、安いところも当然でてきます。そういったこともあり、プロパンガスの会社を見直すことで、大幅にガス代を節約できます。

プロパンガスは比較して選べることをご存知ですか?

そもそもプロパンガス会社を選ぶことはできないと思っていませんか?都市ガスと同様にプロパンガスも自由化されていますので、安いと思うガス会社に切り替えることができます。

プロパンガス会社を変えることでガス代が安くなる可能性が高くなります。とはいえ、プロパンガスを取り扱っている会社は数百社あると言われていますので、その中から選ぶのって大変だと思います。そんな時に便利なのが、プロパンガス料金をまとめて比較できるサービスを使ってみましょう!

プロパンガス料金を比較して、賢く節約しよう!【エネピ】

プロが選んだ優良ガス会社をご案内【ガス屋の窓口】

プロパンガス(LPガス)の料金は?

プロパンガス料金の決まり方

プロパンガスの料金はガス会社が自由に決めることが出来るため、単価が統一がされていません。目安を記載しておきますので、ご家庭の料金と比較してみてください。

判定 従量単価
かなり高い:対策が必要 530円~
高い:検討が必要 430円~530円
少し高い:注意が必要 380円~430円
適正:このままでOK ~380円

そもそも高いガス代を払わないためには、単価の安いガス会社と契約するのが重要です。目安としては従量単価が500円以上かかるようでしたら、高いと判断してもいいでしょう。

平均的な使用量としては以下の通りになります。

人数構成 平均的な使用量
1人暮らしの場合 3~7㎥
2人暮らしの場合 7~15㎥
3人暮らしの場合 13~23㎥
4人暮らしの場合 15~30㎥

[関東地方]プロパンガス料金の平均(※調査:2018年2月)

都道府県 基本料金(円) 5㎥使用時の合計(円) 10㎥使用時の合計(円)
東京都 1,687円 4,266円 6,836円
神奈川県 1,737円 4,311円 6,836円
埼玉県 1,705円 4,318円 6,876円
千葉県 1,732円 4,414円 7,016円
栃木県 1,669円 4,370円 7,003円
群馬県 1,753円 4,451円 7,098円
茨城県 1,701円 4,440円 7,101円

2018年2月のデータではありますが、関東エリアのプロパンガス料金を算出しています。同じ時期で比較するのが一番ですが、冬場でのガス代を比較して、平均よりも高いのか低いのかを判断してください。

ガス会社を比較するのは難しい

都市ガスではありますが数社ピックアップして、料金比較をしています。とはいえ、都市ガスやプロパンガスを扱っているガス会社を正確に比較するのはとても難しくあります。

難しい理由としては、ご家庭によってガスの設備やプランによって、料金が変わってくるからです。

たとえば、床暖房やガスと電気のセット割など様々な料金メニューが存在しています。こういったサービスを適用している場合は、料金が変わってくるからです。最安のガス会社を選ぶためには、個人での調査は限界があります。そこでおすすめしたいのが、無料の一括見積もりをしてくれるサービスを活用することです。

ガス会社を選ぶなら診断サービスを使う!

ガス料金を節約したいなら、一括見積もりの診断サービスを利用するのをおすすめします。ちなみにこの診断サービスというのは、住んでいる地域やガス使用量、設備を入力して、あなたのご家庭にぴったりのガス会社を紹介してくれるサービスになります。なかなか気づかない部分まで比較できるので、ガス料金を節約するために必須のツールになるでしょう。

プロパンガスの診断なら

プロパンガス料金を比較して、賢く節約しよう!【エネピ】

プロが選んだ優良ガス会社をご案内【ガス屋の窓口】

まとめ

ガス会社を見直すことで、都市ガスだと年間で3,000円、プロパンガスであれば年間50,000円もの金額を節約できる可能性があります。お得になれるガス会社を選ぶ前提として、設備や割引プランなどあなたのご家庭に合ったプランがあるところを選ぶことが大事です。

もし、料金やサービスが複雑で選べないのならば、上記に挙げた診断サービスを使ってご家庭にぴったりのガス会社を選ぶのもおすすめになります。