アパートのプロパンガス節約方法まとめ!

日々生活する中でガスは、ほぼ毎日使うと思います。毎日使うことになりますので、毎月の請求額としてもそれなりのものになるはずです。

そしてガスはプロパンガスと都市ガスに分かれていて、プロパンガスは都市ガスと比べてガス料金は倍以上の設定になっています。ご自宅のガスがプロパンガスの場合は、何らかの節約術を試すべきでしょう。

今回は、そんなプロパンガスの節約術を紹介していきます。

プロパンガスが高い理由

ガス料金が高い場合に多いのが、マンションやアパートなどの賃貸物件に住んでいてプロパンガスを使用している場合です。

基本的に、賃貸ですと大家やオーナーが最初に契約したガス会社を強制的に使用することになります。都心のアパートやマンションであれば都市ガスのところも多くありますが、都心から外れるとプロパンガスになるのが現状です。

プロパンガスを設定している理由として、あげられるのが大家さんやオーナーにメリットが大きいからです。物件を建てる際に、ガス会社が配管工事費を無償にするので、プロパンガスにして欲しいと交渉を持ちかけます。配管工事が無償になるのであれば、大家さんにとってメリットが大きいことから、喜んでプロパンガスの契約をすることになります。

ガス料金の内訳としては、都市ガスと同じで基本料金と従量単価なんですが、ガス会社が自由に設定できるため金額にバラつきがでてきます。

基本料金の相場は、1,700~1800円といわれていて、もし2,000円以上なら高めです。従量単価の相場は、300~400円ですが、500円以上でしたら高すぎといえます。

こういうものだと思っていて、高いとは知らずに使い続けている人が多いといわれています。高いガス会社ですと、従量単価が1,000円を超えてくるところもあります。

ガス会社によってここまで差がでてきます。プロパンガス代の相場をしっかり把握しておくことは重要です。

ガス単価をチェックするなら

ガス代が高い気かな…と思ったなら、ご自宅のガスの単価を相場と比較しましょう。相場と比較するのは、とても簡単です。

確認してもらいたいのがこちらのサイトです。

ガス料金見直しサイト・エネピ

プロパンガス料金を比較して、賢く節約しよう!【エネピ】

こちらのサイトを利用することで、複数のガス会社を比較することができます。きっと今使っているガス会社よりも安い会社が多見つかるはずです。ちなみにこのサービスは、無料で使えるので気軽に試してみてください。

調べた結果、単価が高かった場合

もし見積ででてきたガス会社の方が安かった場合には、ご自宅のガス代は払い過ぎということになります。どうするべきかといいますと、安いガス会社に乗り換えるのが一番いいのですが…注意すべきポイントがあります。

アパートやマンションなどの賃貸住宅にお住まいの場合は、大家さんやオーナーに確認が必要になってきます。なぜかといいますと、その物件の入居者全員が同じガス会社を利用しているからです。一人だけ安い会社に変更するというわけにはいきません。

変更するためには、下記の様な方法が必要となります。

  • 入居者全員で変更をお願いする
  • 個人が安いガス会社に変更して欲しいと言ったとしても、交渉は難しいです。個人的にいうのではなく、他の入居者にも相談して協力してもらうようにしましょう。

  • 署名を集める
  • 入居者全員がガス会社の変更を希望していることを証明するために、入居者全員の署名を集めます。全員の署名が集まれば、大家さんとしても無下に断れなくなります。

    場合によってはですが、交渉の材料として、ガス料金が高いので引っ越しを考えている人もいると伝えるのもありかもしれません。

ガス代を安くするためには思い切った決断がいる

ガス代を安くするには、ガス会社そのものを変更するのが一番です。高いガス料金を見直す方が圧倒的に節約になるからです。

とはいえ、アパートやマンションに住んでいる場合、ガス会社を変更することは簡単ではなく時間もかかるかと思います。

そこで、今日からでもできるガス代の節約術を紹介します。

ガス代節約のためのテクニック9選

節約のポイントとなるのは、ガスを多く使うところを把握して、効率よく使うように工夫することです。そして、家庭内でガスをよく使うのは、お風呂や給湯器、ガスコンロです。ガス代が高いということは、給湯器やガスコンロの使い方に問題があるということを意味しています。

そこで、ガスの無駄遣いを減らすためにも、節約するためのテクニックを紹介します。

1.浴槽のお湯の量を減らす

お風呂はどうしてもガスを大量に使います。とくに影響が大きいのは、浴槽にお湯を張ることです。当然ですが、毎日、浴槽にお湯をためるご家庭と、シャワーで済ませるご家庭ではガス代が大きく変わってきます。

お風呂でのガス代を減らすためには、浴槽にためるお湯の量を減らすことが大切です。お湯の量が増えれば増えるほど、沸かす量も増えるためガス代も余計にかかってきます。

お湯の量を減らすことができれば、ガス代の節約はもちろんですが、水道代の節約にも繋がります。お湯を減らしたとしても、入り方を工夫することでしっかり温まることは可能ですので適正な量を見直してみましょう。

浴槽だけでなくシャワーの使いすぎにも注意が必要になります。ついつい出しっぱなしにしがちですが、こまめに止めながら使うようにしましょう。

2.追い焚きはNG

お風呂の追いだき機能を使わないということも、節約のためのテクニックになります。

浴槽のお湯を一定の温度に維持するためには追いだき機能はとても便利ですが、この機能を使うたびにガスを使うことになります。浴槽に毎日お湯を溜めている人は、この追いだきを使わないようにするだけで大幅な節約が見込まれます。

お湯を溜めたらすぐに入浴するのがポイントになります。特に自動の追いだき機能がついているのであれば、お湯の温度が下がらないようにすることが大切です。ですので、入浴時間帯を合わせるようにして、お湯が温かいうちに家族が連続して入るように工夫をするようにしましょう。

お湯の温度を下げないということも大事ですが、そもそもの設定温度が高いのは問題があります。この温度が高いと、お湯がそんなに冷めていなくても追いだきが自動で繰り返されてしまいます。

特に冬場は、お湯の温度が下がりやすいので、頻繁に追いだき機能が作動してしまいます。適温で設定しておくようにしましょう。

3.鍋底の大きいものを使う

お風呂の次にガスを使う場所として、ガスコンロがあるキッチンです。火力の大きさと火を使う時間によって、ガスの使用量が増えていきます。そこで、短時間でかつ小さな火力で調理をするのが大切になってきます。小さな火力で調理するためには、鍋底が大きいものを使うのがおすすめです。鍋底が大きくなればその分の熱効率が良くなりますので、無駄なく熱を使うことができます。

鍋底の大きさに火力を調節することも大事です。火力が強いと鍋底からはみ出してしまい、その分が無駄になってしまいます。必ず鍋底に収まるように火力を調整しましょう。その際、火力は強火ではなく中火にすることで節約につながってきます。

もちろん鍋だけじゃなく熱効率に優ぐれたフライパンも効果的で節約効果も見込めます。

4.ガスコンロの使用時間をできるだけ減らす

上記でも少し書きましたが、ガスを使う時間を短くするのも節約になります。長時間を火を使えば、それだけガス代がかさんでしまいます。

調理時間を短くする方法ですが、圧力鍋や保温調理器を使うことで減らすことができます。保温調理器は、火から下ろした後も一定した温度を長時間保つことができ、余熱で調理ができることから節約になります。

ガスの使用時間を抑えるために、電子レンジや炊飯器といった調理家電を上手に使うことも効果があります。もちろん電気代はかかってしまいますが、ガス代がそもそも高い場合は、電気代のほうが安く済む場合も少なくありません。

ちなみに電子レンジでの調理であれば、ガスでの調理よりも時短で出来ることがよくあります。便利な調理家電を活用して、ガス代を節約しましょう。

5.バーナー部分を綺麗にする

ガスのバーナー部分の詰まりが原因でガス代が上がることがあります。バーナー部分が詰まりますと熱効率が悪くなりますので、無駄が発生してしまいます。詰まりは安全面でも問題がありますので、定期的に掃除をしておきましょう。

ガスコンロのよく使うのであれば詰まりやすい傾向にありますので、定期的な確認が必要です。

6.常温で保存する

常温で保存するというのはどういうことかといいますと、温度の差が小さいほうがガスの使用時間が短くなるということです。冷蔵庫から食材やお水を温めるには、冷えている分、時間がかかりますのでガス代がかさんでしまいます。できるだけ常温に戻してから使うようにしましょう。

特に、凍らした食材を使う場合には注意が必要です。ガスを使って解凍するのに時間がかかりますので余計なガスを使ってしまいますので、あらかじめ解凍してからガスを使うようにしましょう。時間があるのなら冷凍庫から前もって出しておいて自然解凍し、時間がなければ、電子レンジを使って解凍しましょう。

7.便利グッズを活用する

ガス節約に、節約グッズが大いに役立ちます。

お風呂のグッズでいえば、保温シートを使ってお湯の温度を下げないようにすることができます。保温シートを使うことでお湯の温度が下がりにくくなりますので、無駄な追いだきを防げます。シートだけでなくお湯の中に入れて使う保温器も使えます。

節水シャワーヘッドも便利です。節水用のシャワーヘッドに替えることで、入浴時のお湯の量を減らすことができます。お湯の量が減らせれば、ガス代はもちろん水道代も減らすことができます。

キッチンでのガス代を節約するには、洗い物をするときにできるだけお湯を使わないようにしましょう。冬の冷たい水や汚れを落としたいときにお湯で洗いたいと思います。ですが、お湯を使うということは、給湯器を使うということで、ガス代がかかってしまいます。ガス代を節約するなら、洗い物はできるだけ水にしましょう。

もし、水が冷たくて無理という人は、ゴム手袋をして洗い物をしましょう。食器の汚れが落ちない場合には、つけおきをしておいて汚れが落ちるように工夫をしましょう。

まとめ

プロパンガスでのガス代を節約する方法はいろいろあります。お風呂やキッチンでの使いすぎに心あたりがあれば、使い方を気をつけることで節約することが可能です。

もし、使いすぎでなくガス代が高い場合には、そもそもの料金体系が適正なのかを確認するべきです。プロパンガスは自由に料金が設定できるので、基本料金や従量料金が高いということが十分ありえます。

ガス代がどれくらい安くなるのかが気になる人は、シミュレーションを使って調べることができます。お住まいのエリアで、いくら安くなるのかをチェックすることが可能です。

もし、現在のガス料金よりも高くなっているのであれば、より安いガス会社への切り替えをサポートしてくれます。

プロパンガスの診断なら

プロパンガス切り替えサービス「enepi(エネピ)」は、プロパンガス料金を一括見積で比較検討して、節約できるサービスです。全国各地で優良なガス会社と提携しており、価格面はもちろん、安心や信頼といった部分でもメリットを感じて頂けます。

プロパンガス料金を比較して、賢く節約しよう!【エネピ】