食費節約!超簡単安い美味しいメニューレシピ8選

生活の中で節約しやすいところといえば、食費ではないでしょうか。工夫をすることでその食費を削っていくことができます。とはいえ、実際にどうしたらいいのかわからない人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、簡単にできて安くて美味しい節約料理のレシピを紹介していきます。今よりも食費を抑えたい人やレパートリーを増やしたい人におすすめの情報になります。

知っておくべき食費の節約術

節約レシピを覚える前に、まず食費を削るための基本となる2つの節約術があります。

便利な激安食材

食材の中で安いものを知っておくことで、買い物をするときに選びやすくなりますし、メニューも決めやすくなります。

お肉(豚こま切れ・鶏むね肉)

安い部類のお肉である豚こま切れや鶏むね肉を選びましょう。そして、アレンジしやすい食材としてもおすすめになります。

野菜(もやし・人参・玉ねぎ・じゃがいも・キャベツ・大根)

これらの野菜は比較的安価で手に入れやすいものであり、使いまわしもしやすい野菜になります。冷凍保存が難しくものでもありますので、使い切ることを心掛けましょう。

チルド(ちくわ・かにかまなどの練り物)

練り物は安く買える人気の食材になります。主菜にはなりにくいものですが、アレンジレシピが豊富なので活躍します。

安い食材が揃っているスーパーで買う

安い食材を把握することも大事ですが、そもそも安い食材が揃うスーパーを把握することも大事です。さらに、そのスーパーがだす広告の出るタイミングを覚えることも大事になります。毎月5日はセールや金曜はお肉が安いなど、それぞれのスーパーがおこなっている安くなるときを把握して買い物に活用しましょう。食費をグッと抑えることができます。

ご自宅の周りにどのようなスーパーがあるのか把握をして、そのスーパーがどのようなタイミングでセールや広告を知りましょう。

超簡単な節約レシピ

鶏むね肉を使ったレシピ

鶏肉としめじ炒め


    作り方

  1. 鶏むね肉はひと口大のそぎ切りにします。玉ねぎは薄切りにして、ピーマンは乱切りにします。しめじは小房に分けます。
  2. フライパンに油を入れて熱してから、鶏肉を入れて両面をこんがりと焼きます。
  3. 鶏肉の色が変わったら、玉ねぎとピーマン、しめじを加えてサッと炒めてから、マヨネーズ・ほんだし・醤油を合わせた調味料を加えて炒めます。

鶏むね肉の裏技

  • 鶏むね肉に粉類をつける
  • 鶏むね肉は、安い上にタンパク質も豊富で便利な食材です。ただ、便利な食材でヘルシーでもありますが、脂肪分が少ないこともありお肉がパサつきがちです。そんなときの裏技として、片栗粉や小麦粉を鶏むね肉にまぶしてからソテーするんです。片栗粉や小麦粉といった粉類がむね肉にある水分を閉じ込めますのでお肉が柔らかくなるんです。

  • 柔らかくするには切り方も
  • 鶏むね肉の切り方にも裏技が存在します。むね肉の繊維を断ち切るようにそぎ切りをします。そうすることで、お肉が柔らかくなります。切り方を意識するようにして調理してみましょう。

豚こま切れ肉を使ったレシピ

豚こま切れ肉のメンチカツ風


    作り方

  1. 玉ねぎを薄切りにします。
  2. ボウルに豚肉、玉ねぎ、コンソメを入れて粘りが出るまで手でよく練り混ぜます。
  3. 1個分を手に取り丸く整形します。1cmくらいの厚さにして小判形に整えます。小麦粉 → 溶き卵→ パン粉の順に衣をつけていきます。
  4. フライパンに1cmくらいの高さまで油を入れて中温に熱してから、メンチカツを揚げます。

豚こま切れ肉の裏技

  • 重ねたり巻いたりしてボリュームを
  • 豚こま切れ肉をそのまま野菜などと炒めても美味しいのですが、ボリュームが欲しいときに使える裏技です。ミルフィーユのように重ねて揚げるわけです。さらにお肉とお肉の間にチーズや野菜を挟むことでボリュームを出したり、野菜などを豚こま肉で巻いて、揚げたり焼いたりすることによってボリュームを出すことができます。便利なカサ増しの裏技になります。

もやしを使ったレシピ

もやしチャンプルー


    作り方

  1. もやしはひげ根を取って、ピーマンは5mm幅の細切りにします。ハムは1cm幅の短冊切りにします。
  2. キッチンペーパーに包んだ豆腐を電子レンジ(600W)で2分ほど加熱します。そして、豆腐を1cm幅の短冊切りにします。
  3. フライパンに入れたごま油を熱して、豆腐を炒めます。焼き色がついたら、ピーマン → ハム → もやしの順に加えて炒めます。
  4. 野菜がしんなりしたら、塩・味の素・こしょうを加えて味を調えます。最後に溶き卵を回し入れて完成になります。

もやしチンジャオロウスー


    作り方

  1. 豚もも肉を細切りにして、酒と塩で下味をつけて片栗粉をまぶします。ピーマンも同じように細切りにします。
  2. 油をフライパンに入れて熱したら、豚肉 → ピーマン → もやしの順に入れて炒めたら、豚肉を加えて炒め合わせます。

もやしニラ炒め


    作り方

  1. 豚バラ薄切り肉は2cm幅に切ります。
  2. もやしは軽く洗ってザルに上げて水気をきります。ねぎは5mm幅の斜め切りにします。ニラは4cm程度の長さに切ります。
  3. フライパンに油を入れて熱したら、豚肉をゆっくりとカリカリになるまで炒めます。
  4. もやしを加えて強火でサッと炒めてから、丸鶏がらスープ・酒をふり調整します。最後にねぎ・ニラを加えて炒めて、塩とこしょうで味を調えます。

じゃがいもを使ったレシピ

じゃがいもと鶏肉のガーリック炒め


    作り方

  1. 鶏もも肉はひと口大に切ったら、コンソメを小さじ2杯をまぶして下味をつけます。
  2. じゃがいもは皮をむいてからラップに包んで、電子レンジ(600W)で4分程加熱します。加熱が終わったら1.5cm幅の半月切りにします。さやいんげんは4cm長さに切ります。
  3. フライパンにオリーブオイルを入れて熱して、鶏肉を炒めます。焼き色がついたらにんにくとじゃがいも、さやいんげん、コンソメ(小さじ1杯)を加えて火が通るまで炒めます。

じゃがいもともやしのオイスターバター炒め


    作り方

  1. じゃがいもは細切りにしてから、水にさらして水気をきります。
  2. フライパンを熱してから、バターを入れて溶かます。じゃがいもともやしを加えて炒めます。しんなりしてきたら、オイスターソースと胡椒を加えて混ぜます。

ジャーマンポテト


    作り方

  1. じゃがいもは皮を剥いてから、小さめのひと口大にきります。そのあと、水にさらしてから水気をきります。ベーコンは1cm幅に切ります。
  2. 耐熱皿にじゃがいもを入れて、ラップをかけて電子レンジ(600W)で3分加熱します。
  3. 加熱のあと、いったん取り出してからベーコンと香味ペーストを加えて再びラップをかけてレンジで30秒ほど加熱します。

まとめ

紹介した今回の節約レシピはいかがでしたでしょうか。取り上げた食材を使ったレシピではありますが、まだまだ節約レシピは存在しています。そんな節約レシピをもっと知りたいと思ったのなら、節約レシピを検索してみましょう。ありすぎて選ぶのが困るくらいレシピが掲載されています。食費を抑えながら楽しく美味しい料理を楽しんでください。