食費節約術!家族4人1週間5,000円の献立

食費節約は、子供がいる家族ならば一度は考え、節約をしようと思ったことがあるはずです。そして、実際に「やってみたけど長続きしなかった」そんな方に、今回の記事は必見です。楽に食費を抑えられて、知らない間に長続きしてしまう魔法の献立作成方法を紹介したいと思います。

この記事内では、子供が二人いる4人家族をイメージして、1週間5,000円でできちゃう、簡単だけど美味しくてそして何より安く楽しく続ける献立づくりです。

一般的な家庭の食費を知る

まず、一般的な家庭の平均食費を知ることが大切です。というのも、無理をして節約をしすぎるとしっかりとした食事ができず、結局は量を減らすことでしか解決ができなくなってしまいます。都心でもなくかと言って、田舎というわけでもない比較的一般的な地域に住む4人家族の家庭では月間の食費はおおよそ4万前後といったところでしょうか。

子供の育ち具合によりますが、小学生くらいの年頃を想定して平均額となります。現在がこの金額帯であればさらに1万円以上の節約が可能です。そしてこの金額を超えてしまうのであれば、恐らくは外食や外で買ってきてしまうことが多いのではないでしょうか。

または、晩酌などで占めている割合が多いなど。まずはこの4万円を下回ることを考え最終的には2万円代にまで食費を節約することを目標としましょう。

食費節約献立の基本として1週間分のまとめ買いが全て

食費を節約する献立を考える時に一番重要なのは「1週間のまとめ買い」です。なぜ1週間のまとめ買いが重要かというと、まずその日その日に安いものを探すのは非常に困難です。そしてそれに合わせて毎日レシピを考えるのも大変です。

そして、何度もスーパーに足を運んでしまっては余分なものまで買ってしまう恐れがあるからです。安いからとついつい食べるかわからないものをカゴに入れてしまったことは誰しもありますよね。

食費節約時のまとめ買いの内訳

まとめ買い時にさらに重要なのは、予算を考えバランスよく食材を買うことです。それでは、食材ごとに大まかな予算の割り振りとなります。

1週間の予算は、5000円とします。

  • 肉や魚類 1700円
  • 野菜類 1400円
  • その他食品 1900円

肉類は、鶏肉・豚肉を中心として選びます。中でも鶏肉は安くてかつ、脂身が少なくダイエットによい食材です。魚類は、鮭やブリなどがコストパフォーマンスがよい食材です。またレシピの幅が広いのも特徴です。魚に関しては、その日によって価格は多少変動するのでその点も頭に入れておきましょう。

野菜を選ぶときのポイントは、大根、ピーマン、白菜、ほうれん草、ブロッコリー、玉ねぎ、人参、じゃがいもなどがオススメです。野菜は色が濃いものほど栄養があると言われていますが、白菜も安くて実はビタミンCやカリウムなどが多く含まれており低カロリーな食材です。

ブロッコリーも通年で購入ができ、鉄分なども含まれていて、安く購入することができます。人参やピーマンなどは、代表的な野菜としてビタミンを多く含んでいます。そして炒めモノや煮物、サラダとしても使える万能な食材です。

その他食品としては、調味料やパン、牛乳、麺類、卵などです。朝など食パンと牛乳で済ますこともでき、ガスを使わないので経済的です。

また、上記の食材に関しては、できるだけ賞味期限の近い値引き品を買うのもポイントです。まとめ買いで賞味期限の近いものを買うのに抵抗があるかもしれませんがそれは次の項目で理由を紹介していきます。

食費節約には冷凍保存が重要

さて、食材をまとめ買いした後は、冷凍保存が重要になります。先にあげた賞味期限の近いものなどは先に調理をしてしまうか、またはすぐに冷凍保存を行いできるだけ食材を傷めないようにします。そして、調理したものはタッパーなどに移し替えて作り置きして冷凍しておきます。

食費節約献立の基本はレシピにあり

食材まとめ買いからのレシピの話になりますが、先にレシピから考えたほうが順序としては買い物がしやすいのですが、それでは食材を選ぶ際にどうしても予算が固定できなくなってしまうということがあります。そのため、先に説明した予算からの食材割り振りが重要になります。

肉や野菜をバランスよく買っておくことでその中からある程度のメニューは調理可能です。そして、余らないように食材を使い切るメニューを考えることが実はこの食費節約献立の一番のポイントなのです!

安いものだけを買うのではなく、限定された食材の中で献立を考えることが結果的に料理の質や腕を上げ、そして定番メニューだけに頼らない料理知識が身につき、結果食費が節約できる献立を自分で作ることができるようになります。

食費節約に役立つ家計簿アプリ

節約の定番として家計簿アプリが今では簡単に無料で手に入ります。

代表的なアプリでは

  • 「Moneytree 家計簿より楽チン」
  • 「家計簿マネーフォワード」
  • 「家計簿 おカネレコ – 簡単 人気の400万人が使う家計簿」

などがあります。

これらは無料で使えるので是非活用しましょう。またエクセルをある程度使えるのであれば、Googleドライブのスプレッドシートで家族で管理なんてこともできちゃいます。

食費節約に役立つ献立アプリ

1週間分の献立表を考えると言っても大変です。どうしても作ったことのない献立は敬遠しがちです。そんな時には簡単に作れてしまうアプリを使うことをおすすめします。

  • 「MENUS by DMM.com (メニューズ)」
  • 「最長1週間の献立が簡単に作れるme:new(ミーニュー)」
  • 「コンダッテ – No.1献立カレンダー」
  • 「クックパッド」

クックパッドは王道ですが、それ以外にも1週間レシピに特化したアプリがあるので是非自分に合うアプリで献立を探してみてください。

まとめ

家族4人1週間5,000円の献立を達成するもっとも重要なポイントは、食材のまとめ買いと、それを活かした献立を研究することです。安さや、メニューありきだとどうしてもメニューも飽きてしまいやすく、そもそも続くけることが苦になってきます。

そこで応用を効かせて飽きさせずに長く続けることが重要なので料理に興味を持ち続けていくことが最終的に長く節約を意識して献立を作っていけるポイントとなります。