実践結果!一人暮らしの食事節約で一ヶ月3万→1万円にする方法

食費の節約は一人暮らしの方なら悩みを抱えています。ついつい、外食で済ませてしまう方、お酒が好きで余計に食べてしまう方。友達付き合いが多くて外で飲食する機会が多い方。

自炊が面倒な方。とくにその意識の高い、大学生や女性の方でも様々な理由でなかなか食費の節約がしたいけどできていないことが多くみられます。一人暮らしの方を中心とした食費節約術をこの記事で紹介していきたいと思います。

これを読めば1ヶ月3万の食費が1万円に!

一人暮らしの食費の平均は?

食費の節約方法の前に、まずは一体今の自分がどれだけ使いすぎてしまっているのかを知ることが必要です。基準を知ればどれくらい今の自分の無駄が多いかがわかり、そこから何を節約していけばおのずとわかって来ます。

給料日前になって焦る前に無駄遣いを事前に避けましょう。

一人暮らし大学生の平均食費

大学生の1ヶ月あたりの平均食費は、2万5,000円です。大学生の生活リズムとしては、社会人と違い仕事の付き合いもないので外に出ることが少なければその分食費にお金をかける機会も減るためです。

また大学生は自炊をする習慣もつきやすいため、外食費などに食費を裂かずにすみます。さらにはアルコール飲むにしても大学生向けの安いプランがあったりもします。

一人暮らし社会人の平均食費

社会人の1ヶ月あたりの平均食費は、4万円です。大学生に比べると倍までは行きませんがだいぶ跳ね上がる額と言えましょう。また社会人といっても男性と女性とではやや差があると思います。

この部分は営業職や事務職によりどうしてもお酒の付き合いというものがあります。女性の事務職であれば平均は3万2,000円ほどとなります。そして大事なところは、社会人の場合、食費の目安は収入の15%を目安にすることです。

一人暮らしの場合、他に家賃や光熱費、雑費など生活に必要となるお金がかかるからです。自炊なしではさらに食費が跳ね上がることも考えられます。

一人暮らし自炊OLの平均食費

リアルな数字ではありますが一人暮らし自炊OLの1ヶ月あたりの平均食費は、平均9,000円です。大学生よりも社会人よりもかなり平均食費が安いと言えますね。

とくに自炊生活をしっかりと行なっているOLの方であれば食費管理と食生活に気を配れる人が多いので一週間通してのレシピの知識もあり、無駄遣いを避けている部分です。

外食中心一人暮らし社会人の平均食費

働いていると忙しくて自炊をする暇もない。そんな生活の場合、3食とも外食になりがちです。その場合は平均食費は5万円です。これにアルコールが入れば6万円〜7万円とさらに跳ね上がっていきます。

一人暮らしの理想の食費は手取りの15%が基準

生活スタイルは人により様々ですが、単に基準を置くのあればこの15%で考えてみてください。手取りが180,000円なら27,000円が適正基準です。もし、この金額以上であれば今一度、一人暮らしの方は食費節約に対して見直しが必要です。

見直しといっても、3食を2食にするなどの物理的な方法ではいけません。我慢した先にまっている結果はその反動でまた同じことを繰り返してしまうからです。考え方の変化により、少しの自分への気遣いで大きな食費節約をもたらすことができます。

一人暮らしの食費節約のポイントはコレ

食費節約といってもどこから考えていけばいいのか迷いますよね。大きくわけ3つあります。

  • 食費の管理
  • 食事は自炊
  • 健康を意識した食事へ改善

食費の管理は、家計簿とまでは行きませんが一体どれくらい自分が使っているかの把握です。これは大体でも構いません。意識することが大事です。次に自炊です。これは一人暮らしの方が食費を節約するには必要不可欠な行動です。

料理が下手でも構いません、慣れたらそんなものは上手くなって行きます。むしろ友達に自慢できる特技にもなりますし、プラスになることの方が大きいです。そして食事内容の改善です。

食費の節約へのアプローチの方法は違いますが、健康を意識して食事を行うことでそもそも無駄なものに食費を割くことがなくなります。高いものは贅沢というのは、本当の意味では健康体質から変わってしまうことでもあるのです。

食費の管理

管理というと、細かい費用の家計簿を連想してしまいますが、要は一体いくら自分が食費に使っているかを早くすることです。

電子マネーで食費管理

食費に使った分を積み上げて足して記録して行くことは非常に面倒です。であれば元ある金額が減って行くこと流れに注目してみましょう。今ではとても便利なものがあります。そうです、Suicaなどの電子マネーです。

電子マネーは一度チャージしておけば、使った分はそこから引き落とされて行くだけなので、例えば食費を10日間で10,000円と設定しているのであれば、先に電子マネーとしてチャージしてあとは、残金をレシートなどでときどき気にしながら見ていけばよいのです。

これは実に簡単な食費管理方法ですね。これはあとで述べる自炊が前提となりますが、食材はスーパーで買い物するなどを決め、食費以外は現金などで支払えば良いのです。

もともと電子マネーですべてを管理していたのであれば、もう一枚カードを用意するなどして使い分けをしましょう。

スマホアプリで食費管理

今では、レシートを撮影しただけで家計簿の代わりになるようなアプリや実際に使った分を打ち込んで行くタイプなど便利なアプリがたくさんリリースされています。使い勝手は色々違いがありますので無料アプリをDLして試して見ましょう。

アプリは楽しく節約ができる仕組みのものが多いので食費節約が面倒から楽しいに変わっていくでしょう。

食事は自炊

食費節約の基本は自炊です。自炊ができなけれ節約は難しいと思った方がいいでしょう。なぜかというと、結局外に出るからお金を使うことになるので。自分自身をコントロールできなかったからいままで節約ができなかったと認識しましょう。

食材の上手い使い回しと作り置きがポイント

自炊のポイントは、食材の上手い使い回しと、作り置きです。自炊から得られることは、単に調理が上手くなるだけでなく、料理の量調整もだんだんとわかてくることです。それにより、少しの量のカサ増しで多めに料理をストックして作り保存して置くことができます。

スーパーでの食材の選び方

レシピを考えるときになるべく旬の食材を選ぶようにしましょう。スーパーなどで旬の食材は特売や安く売られます。なぜかはその時期にたくさん取れる食材なので大量生産しやすく安くなるのです。

その逆に季節外れの食材は貴重で高騰してしまいます。また安売りしているものが手に入る場合は大量に買い冷凍保存などで小分けにして使って行きましょう。

健康を意識した食事へ改善

最後に健康を意識した食事の改善です。食事は味が濃いものほど美味しく食欲がそそられてしまいます。しかし、逆に健康志向には向いていない味付けが多く、食材を活かした味を意識した薄味の食事を意識して行きましょう。

余計な調味料も減ればその分、コストの削減になりますし、変に食べ過ぎたりといったこともなくなります。栄養のバランスも自然と良くなっていきます。