GoToEatで食費を最大限に節約する方法まとめ!

食費を節約する為に外食を控えている方も多いのではないでしょうか。

通常であれば自炊する方が圧倒的に節約することは出来るのですが、2021年1月31日までは『GoToEatキャンペーン』を上手く使うことによって、自炊にかかる手間や材料費なども含めて、まとめて節約することも可能になっています。

今回は、GoToEatキャンペーンを使って食費を最大限節約する方法をまとめてみました。

GoToEatキャンペーンとは

『GoToキャンペーン』は新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う外出の自粛等の影響によって、甚大な影響を受けている事業に対し、期間を限定した需要喚起を図るために政府が打ち出した施策です。

そのGoToキャンペーンは4種類あり、『GoToEatキャンペーン』はそのうちの1つでポイント還元やプレミアム付き食事券の発行を支援することで、感染予防対策に取り組む飲食店の需要を喚起し、同時に食材を供給する農林漁業者を支援するキャンペーンになっています。

GoToEatキャンペーン種類

GoToEatキャンペーンには、『25%お得なプレミアム付き食事券』『オンライン飲食予約で1人最大1000円分のポイント還元』の2つのキャンペーンがあります。

『25%お得なプレミアム付き食事券』は販売窓口でその地域で使える食事券を事前に購入し、対象店舗で使うという内容になっています。

10月5日から新潟県で始まり、来月までにはほとんどの都道府県で始まる予定です。ちなみに東京は11月20日から販売開始予定となっています。

東京は対象店舗も多く、東京都民以外でも購入が可能なのでほしい方は早めに購入するのをおすすめします。

『オンライン飲食予約で1人最大1000円分のポイント還元』は食べログなどの飲食予約サイト経由で対象店舗を予約して利用すると、次回以降に使える1人最大1,000円分のポイントを付与されるという内容になっています。

※昼食時間帯は500円分、15時からの夕食時間帯1,000円分

2つのキャンペーンは併用できる?

この2つの特典は別々のものになっており、飲食店側がそれぞれの特典に参加するか選べるようになっています。

その為、両方参加、不参加、どちらかだけ参加している店舗があり、併用に関しては両方に参加している店舗のみで利用することが可能です。

ただお店の判断次第なので、併用不可の可能性もあるので、併用したい場合は事前にお店に連絡して確認した方が確実です。

GoToEat使って最大限に節約する

両方使用可能な対象店舗では両方活用するのが最大限節約することが可能です。

どちらかしか使えない場合での節約は、飲食代金が少ないほどネット予約がお得、多いほど食事券がお得になっていて、ランチは2500円、ディナーは5000円が分岐点になっているので、この金額を越える場合はプレミアム付き食事券の方がお得になるのを覚えておきましょう。

ただ食費を節約したいのであれば、ポイント還元の方がおすすめです。なぜかというと、食べログなどで対象店舗をネット予約し来店すると、ランチで500円分、ディナーで1000円分のポイントが貰えます。

ランチに500円の食事をすると500円分のポイント、ディナーで1000円の食事をすると1000円分のポイントが貰えるので、ポイント還元率はなんと驚愕の100%!!

GoToEat「ポイント付与事業」は、実質無料で何度も食事することが可能です。
ポイントは次回以降の食事に使用できるので、次回以降の予約はポイントを使って予約すれば、2回目以降の食事は無料になります。

「Go To Eat対象プラン」をディナー予約する場合、

①1,000円のメニューをネット予約&来店で1,000円を支払う

②Go To Eatのキャンペーン1,000ポイントが付与される

③ネットで1,000円のメニューをネット予約し、ポイントで支払う

④繰り返し

実際にお金を支払うのは最初の一回だけで、2回目以降の食事が無料になります。
しかも家族などの複数人でも応用が可能で、

家族3人の場合

① 3人でネット予約&来店し、3000円の食事をして3,000円を支払う

② Go To Eatのキャンペーン3,000ポイントが付与される

③ ネットで3,000円のメニューをネット予約し、ポイントで支払う

④ 繰り返し

1人あたり1000円の食事であれば2回目以降は無限ループが可能です。

※利用不可の店舗もあります。

無限ループの注意点

GoToEatのポイントは即日ではなく、後日付与されるので、現金の出費を最小限にするには、ポイント付与が早い予約サイトを使うのが効果的です。

付与される日だけでなく、使用期限や利用制限なども予約サイトによって違うので、下記の表を参考にしてみてください。

予約サイト ポイント付与 ポイント使用期限 利用制限
ホットペッパー 7日後 翌々月末 特になし
Yahoo!ロコ 7日後以降 60日間 12回。同店舗11
ぐるなび 8日後 60日間 12回、月10
食べログ 8日前後 3/31 同店舗月2万ポイント
Retty 814日後 3/31 特になし
一休 翌月10 3/31 特になし

「無限ループ」を利用するには、ポイント付与が早い”ホットペッパーやぐるなびの使い勝手が良さそうです。

例えば、ホットペッパーなら初回の1,000円の手出しは必要ですが、それ以降は月3〜4回のペースで利用することが可能です。ポイントを貯めて一気に使いたい方には、ポイントの付与も早く、使用期限が長い食べログなどもおすすめです。

まとめ

新型コロナウイルスの影響で収入が減ってしまった方や将来の不安からより節約に力を入れている人も少ないと思います。

ただ今回のGoToEatキャンペーンは使わない理由がないというほどお得な内容になっています。

GoToEaを使って外食すると、節約することが出来るだけでなく、飲食店を始め、農林漁業者の支援することが出来ます。ぜっかく多額の税金が使われているので、正しく使って新型コロナウイルスに打ち勝っていきたいですね。