家族家計のやりくりで食費を月3.5万円まで節約できるルールとは

食費が圧迫されて節約を考えている人も多くできれば3万円代に抑えられたら嬉しいと思っている人も多いはずです。今回は、4人家族の食費を月3万円代に抑える方法を紹介していきます。ポイントとしては、計画的な予算を立てて安価な食材をまとめ買いをすることであり、既成品ではなく手作りが基本ということです。

使うお金を細かく分ける

毎月の主食としてお米をどのくらい消費するかによって、お米の割合を考えて予算の内の1万円でお米や乾麺といった主食を購入するようにします。そして、残りの予算ですが、毎日の食材購入代を日500円と設定することで、1日500円×30日で15,000円になります。残りの予算は、予備費として取っておくことができます。

主食は月1万円に抑える

お米を食べる量は家庭によって違うと思います。子供用のお弁当が必要な場合は、更に違ってきます。もし、大量に食べるという場合には、安売りのスーパーを活用したり古米やブレンド米を購入したりと工夫をして安く手に入れるようにしましょう。

もし、それほどお米にこだわりがないようであれば、パスタやうどん、そばといった麺類がおすすめになります。なぜかといいますと、お米と比較して麺類のほうが安い場合が多くあります。お米を主食として食べるよりもパスタやうどんを主食としたほうがより食費を節約することができます。

週に1度のまとめ買いでお得に

一日の予算を決めてその金額で毎日買い物に行ったのでは予算内で収めることは無理です。3万円代で収めるには、1日約500円ですが、この金額で買い物するのは無理があります。ですので、1週間分の金額をまとめて3,500円を財布に入れてまとめ買いをするようにしましょう。まとめ買いをするスーパーは特売日を狙うようにしますとより予算内で買い物ができるかと思います。

また、買い物に行くときは、冷蔵庫の中身を確認したうえで、スーパーのチラシを確認してから買うリストをある程度作ってから出かけるようにしましょう。

万能野菜を積極的に購入して上手に活用

たまねぎやにんじん、じゃがいも、もやし、ほうれん草といった野菜は、普段からよく使っている食材かと思います。これらの野菜は使い勝手が良いため、節約料理には欠かすことができない万能野菜です。

特にたまねぎやじゃがいもは、光が当たらない暗い場所にりんごと一緒に保存することで発芽を抑え2〜3ヶ月は持たせることができます。ただし、りんごのほうが先に駄目になってしまいますので、1週間くらいで定期的に入れ替えるようにするといいです。

たまねぎやじゃがいも、にんじんなどは常温保存ができますし、どんな料理にも使えるため安い時にまとめ買いをしておくようにしましょう。
ほうれん草は、1~2束ほど安いものを購入しきたらまとめて茹でて、冷凍しておくと便利です。冷凍用密閉保存袋にもやしを入れて冷凍庫で保存をすれば2週間は保存することができます。凍ったまま使いたい分だけ加熱調理で使いましょう。

万能野菜は安いうえに栄養も豊富なので、積極的に購入していきましょう。

肉と魚もまとめ買いでお得に

肉を買うときには、塊であったり大入りパックを選びますとお得なことが多いので、まとめて買うようにして、それを小分けにしてから冷凍保存をしましょう。さらに、まとめ買いした肉に下味をつけたうえで冷凍すると、「ムダなく使いきれる 」「うま味が増す」「時短ができる」と、3つのメリットがあります。

基本の下味3種

【みそダレ】みそ3:酒2:砂糖1
肉300gに対し、みそ大さじ3、酒大さじ2、砂糖大さじ1を混ぜます。
【しょうゆダレ】しょうゆ2:酒2:砂糖1
肉300gに対し、しょうゆ、酒各大さじ2、砂糖大さじ1を混ぜます。
【おろしダレ】おろしタマネギ1/2個:しょうゆ2:酒1
肉300gに対し、すりおろしたタマネギ1/2個としょうゆ大さじ2、酒大さじ1を混ぜます。

下味をつけて保存するコツとしては、なるべく空気を入れないようにして、味付けが分かるように味ごとに保存容器を分けるようにしましょう。

魚を買う場合には、旬のものを1匹丸ごと購入して、3枚におろしてもらいましょう。1匹丸ごと買うことで安く手に入れることができます。もし、魚が高いようでしたら、缶詰や加工品を使うと節約することができます。

スーパーだけでなく肉屋や魚屋といった専門店でも安く購入することができますので、近くにある肉屋や魚屋を覗いてみましょう。

卵の特売日が狙い目に

節約に欠かせない卵ですが、たんぱく質を安く摂取するというメリットがあります。

特売日で卵を買うことで、10個入り1パックが100円代で手に入れることができるので、毎週欠かさず購入しておきたいものです。もし通常価格の卵だとしても10個入り200円程度ですので、お肉よりお得にたんぱく質を取ることができます。

卵は節約に必須の食材になりますので、普段からスーパーをよくチェックしておき手に入れるようにしましょう。

手作りが美味しくて安心

せっかく買ったのに思っていた味と違って使い切れなかったり、頻繁にドレッシングを買っていたりする場合は要注意です。既成品は、使いやすくて便利ですが、意外と高くついてしまいます。

そこでおすすめしたいのが、手作りでドレッシング代を節約することです。ドレッシングは人気なレシピなので、インターネットで調べるといろいろなレシピが存在しています。

簡単ドレッシング

中華ドレッシング
「酢3:砂糖2:醤油1:ごま油1/2:すりごま 適量」を混ぜ合わせて完成です。ラー油やタカの爪を加えるとピリ辛中華ドレッシングになります。
フレンチドレッシング
「サラダ油2:酢2」をよく混ぜましょう。お好みで塩・胡椒で味を調整して完成です。
シーザードレッシング
「マヨネーズ大1:パルメザンチーズ大1:牛乳大1~:レモン汁小1:オリーブオイル小1:にんにくチューブ1cm:ブラックペッパー適量をなじむまで混ぜて完成です。

手作りドレッシングは、作りたてを食卓に出すことができて、新鮮なうえに食材や好みに合うよう味の微調整も簡単です。

頑張りすぎないのが続けるコツに

毎日家族のみんながお弁当を持っていく場合だったり食べ盛りのお子さんがいる場合には、4人で3万円代は難しい場合があるかと思います。節約するポイントは、きちんと計画を立てて、使い勝手が良いもので安価な食材を購入することです。そのうえで、できる限り手作りをしましょう。

家庭の状況に合わせて予算を設定して、少し余裕を持たせるのが長く続けられるコツです。適切な目標を設定をすることで、節約をコツコツと続けられるはずです。