電気節約!インターネットのセット割で安くする裏技

2016年4月に家庭向けの電力自由化が始まりました。テレビCMで見る機会も増えご存知の方も多いと思います。地域の電力会社(例:東京電力)から切り替えるだけでも電気料金を安くすることができますが、今回はさらにお得に使える方法を紹介します。

インターネットとまとめて電気代節約

電力自由化が始まってから電気を小売する会社が増えました。CMでよく見るガソリンスタンドや鉄道会社、再生可能エネルギーの設備設置を進めている会社など、さまざまな会社が電力供給を行っています。

インターネット回線を提供している会社でも電力を販売する会社が増えていて、電気使用料が安くなるだけでなく、『セット割』として基本料金の割引を行っています。

電気もインターネットも毎日使うものなので、まとめて節約してみませんか?

セット割を行っている電力会社の一例を紹介しますので、ぜひ比較してみてください!

インターネットと電気のセット割一例

おうちでんき

ソフトバンクが提供している電力です。

基本料金、燃料調整費、再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)は地域電力と同じで、電気を使った分だけ発生する使用料が地域電力より1%安くなります。

どれだけ使っても1%安くなるので、一人暮らしで電気の使用量が少ない方でもお得に使うことができます。

電気のみの契約もできますが、ソフトバンク・ワイモバイルのスマホをお持ちの方は「おうち割 でんきセット」というキャンペーンで携帯料金から24カ月100円割引が受けられます(25か月目以降は50円割引)。

またこの「おうち割 でんきセット」は家のインターネットともセットにすることができ、SoftBank光、SoftBank Airを利用している方はネットの基本料金からも同様の割引を受けることができます。

スマホ、家のネット合わせて10回線まで割引が適用できるので、家族でスマホを使っている台数が多いほどお得になります。

また、スマホとネットのセットで「おうち割 光セット」という割引でスマホの料金が最大1,000円割引されるので、ソフトバンク・ワイモバイルのスマホをお持ちの方はネット、電気をソフトバンクにまとめるとお得にお使いできます。

東京ガス

電力自由化に伴い東京ガスも電力の提供を開始しています。

東京ガスの電気には大きく分けて2種類のプランがあり、使用量に応じて適切なプランで申し込むことが必要です。

セット割については、都市ガスとまとめることにより、ガス料金がプランによって275円もしくは0.5%オフに、インターネットを「フレッツ光」で対象のプロバイダで契約している場合は毎月100~300円引きになります。

対象プロバイダはOCN、BIGLOBE、OCN、plalaなどがあります。

一つ注意点があり、ガスと電気をまとめられるのは都市ガスのみなので、プロパンガスを使っているご家庭はまとめることができないので、電気のみ東京ガスに乗り換えるということも検討が必要になります。

J:COM電力

全国的に知られるケーブルテレビのJ:COMでも電気のセット割キャンペーンを実施しています。

基本料金、再エネ賦課金は地域電力と同じ、使用料は3段階に分かれており、120kWhまでの第1段階が0.5%割引、300kWhまでの第2段階が1%割引、それ以上の第3段階が10%割引となっています。

家族の人数が多く、電気の利用量が多い方はかなりお得なプランになっています。

テレビ・インターネットとまとめると電力セット割というキャンペーンで最大24カ月300円割引が適用されます。

また、都市ガスもまとめることができ、ガスとのセット割も可能になっています。

東急でんき

東京、神奈川エリアの鉄道会社、東急でもセット割を行っています。

電気については30A(アンペア)以上のみ契約可能、基本料金が契約アンペアによって6.4%~9.6%割引、使用料金も第1、第2段階それぞれ0.5%、0.4%割引となっており、一人暮らしの方にはあまりメリットが感じられないかもしれません。

セット割については、イッツコムなどの提携ケーブルテレビの契約があれば適用されます。

テレビ、ネットがそれぞれ100円引き、固定電話が50円引き、また東急の定期券購入で購入金額の2%がTOKYU POINTで還元されます。

セット割はありませんが、東急は都市ガスも提供しています。

通勤で東急を利用している方は乗り換えると節約になりそうです。

メリットだけじゃない!デメリットも確認を!

ここまで電気とネットをまとめてお得になる会社をいくつか紹介しましたが、お得になる分、多少なり各社デメリットもあります。

例えば、契約期間があり更新月以外の場合違約金が発生する。あまり使わない方は乗り換えてもそれほど料金が変わらない。割引期間が決まっている…等が挙げられます。

乗り換えを検討している方はこのようなデメリットもしっかり比較することが必要です。

ここではいくつかの例を紹介しましたが、他にも関西電力の子会社でeo光とセット割可能な「eo電気」、ソニーの超高速インターネットNURO光と「NUROでんき」など、インターネットとセットでお得になる電力会社は他にもあります。

自身がお使いのネット、ガスにあった最適な電力会社で日々の高熱、通信費を節約してみてはいかがでしょうか。