OCNモバイルで通信容量を節約する方法はコレだ!

最近はスマホも3大キャリアだけではなく、格安SIMなどの登場で、色んなプランから自分に合ったプランを選べるようになってきましたね。身の回りにも3大キャリアから、格安SIMに切り替えた方もいるのではないでしょうか?

大容量のプランを使っている人もいれば、スマホの容量は少なくして、ポケットWi-Fiと併用で使っている人がいたりと様々です。そこで今回は数あるプラン中で、【ocnモバイル】の通信容量を節約する方法をご紹介していきます。

ocnモバイル以外でも応用できる方法もあるので、速度制限でお悩みの方や通信容量を節約したい方も試してみてください。

通信容量を節約する前に

スマホを契約する際、使える容量によって様々なプランがあります。OCNモバイルでは通信容量や使える機能によってプランが細かく分かれています。

通信容量・コース名 音声対応SIMカード
(ネット・SMS・通話)
SMS対応SIMカード
(ネット・SMS)
データ通信専用SIMカード
(ネットのみ)
1GB/月コース 1,180円    
3GB/月コース 1,480円  1,000円  880円 
6GB/月コース 1,980円  1,500円 1,380円
10GB/月コース 2,880円 2,400円  2,280円 
20GB/月コース 4,400円 3,920円  3,800円 
30GB/月コース 5,980円 5,500円 5,380円 

まずは実際に自分が使っている容量を把握し、契約しているプランが適切なプランになっているか確認してみましょう。

無料Wi-Fiスポットを利用する

Wi-Fi通信を利用することモバイルデータ通信量を簡単に節約することが出来ます。Wi-Fi環境下にいれば、モバイルデータ通信量を消費せずに済むので、大きいデータ通信を使う方や外でデザリングを使い、パソコンでインターネットを使っている方はWiFiを利用するようにしましょう。

またocnモバイルは無料で使えるWi-Fiスポットが全国に約87,000ヶ所あります。

スターバックスコーヒーやタリーズなどのカフェやイトーヨーカドーなどでも使えるようになってます。もし外出先でアプリのダウンロードや動画を見る場合は、こういうWi-Fiスポットを使うことによって、通信容量を節約することが可能です。

アプリの自動アップデートオフにする

アプリのアップデートは意外と多くのデータ通信料が使われるため、自動アップデートがオンなっていると自分が知らないうちに多く使われてしまっている可能性があります。

WiFi接続時のみアップデートするようにしておけば、無駄に通信料を使うことがなくなるので、
端末の設定で確認しておきましょう。

アプリのバックグラウンド通信を個別にオフにする

アプリの中には開いていない状態でも通信を行うアプリもあります。

例えばアプリの使っていない時にセール情報が届いたりしたことはありませんか?それはアプリがバックグラウンド更新を行っているからなのです。

よく使うアプリであればいい機能ですが、ほとんど使わないアプリなのに更新を許可していて、通信料が使われていると考えるともったいないですよね?

オフにするかWiFi接続時にのみ行われるように設定をしておくと安心です。

動画アプリの再生設定を見直す

最近は【You Tube】や【Amazon prime】、【Netflix】などさまざまな動画サービスが普及してきたので、よく使っている方も多いのではないでしょうか。

こうした動画視聴サービスはデータ通信料の消費が激しいので、使用時は注意しないと速度制限がかかってしまう大きな原因の一つだと思います。

各動画アプリの設定でWiFi接続時以外はは低画質モードにしておくのが効果的です。

またアプリによっては動画をアプリ内にダウンロードしておく機能もあるので、WiFi接続時にダウンロードしておいて、WiFi接続していない時に、通信料をあまり使用せず、動画を見れるのでかなりオススメです。

SMSで動画の自動再生を制限する

LINEやTwitter、Instagramなどのタイムラインに流れてくる動画付きの投稿があると思います。その際、自動再生されていませんか?

その自動再生している時も実は意外と通信料を消費しているんです。自動再生が必要なければ設定で自動再生をオフにするか、WiFi時のみに制限するのも有効な手段の一つです

機内モードをオン/モバイルデータ通信のオフにする

機内モードをオンにする、あるいはモバイルデータ通信機能をオフにすれば、モバイルデータ通信は接続されなくなります。

その為、モバイルデータ通信量を消費することはありません。機内モードをオンにすると、110番などの緊急連絡を除いて音声通話とモバイルデータ通信、モバイルデータ通信機能をオフにすると、音声通話は利用可能ですが、モバイルデータ通信(4G/LTE/3G通信)が使用不可になります。

ただWi-Fiに接続時には、いつもどおりインターネットなどを利用できます。この2つの手段は、モバイルデータ通信を絶対にできないようにしたいときの最終手段になります。

まとめ

今回ご紹介した方法に関しては設定を変えたり、少し意識するだけで簡単に取り組める内容になっています。

中には実行するだけ、契約の切り替えることができ、料金的にも節約に繋がる方や、いつもかかっていた速度制限がかかりにくくなる方も出てくると思います。

またOCNモバイルは1ヶ月に1回プランの変更が可能になってます。通信容量を多く使う月は多めのプラン、そこまで使わない月は少し少なめのプランにすることで、必要以上に通信費がかかるのを防げるようになってます。

契約の通信容量を超えてしまい、低速化になった場合、1Gあたり500円で高速化にすることが出来ますが、余計な費用が掛かるので、容量の下げすぎには注意しましょう。

これを機に契約プランの見直し、通信量の削減に取り組んでみてはいかがでしょうか?

OCNモバイルはこちら